メモ帳の範疇を超えた何か
誤解が不和を呼び不和が戦いを呼び戦いが悲しみを呼ぶ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマネとバレットとアズラエル
そんなわけでブレイブルークロノファンタズマが稼動したのであった


2クレしか触ってないけど……そんなに連コ出来るほどお金ないし、だいたいの感覚を触ることが出来ればそれでよいのだ
ソッコーでテイガーに乱入されてころころされたけど……仕方ないね!
でもこういう野試合はオンライン対戦とはまた違った感覚でよいものである

ラグナの新技はベリアルエッジみたいに空中コンボの締めに使うのかと思ったらそうでもないらしい動きでしたね!どう使えと
あと デッドスパイクが 本当に 飛んでた
こんなのデッドスパイクじゃないわ!ただのガンフレイムよ!

ノエルも一度触りましたが6番カラーの白がお勧めです 胸元が白スク水めいて見えるので動かしてて楽しい

これはクロノファンタズマ全体に言えることなのかもしれませんが、基本は変わらずに細かいところを変化させているようです
ノエルもドライブで結構変わってたような気がする

そして新技と思しきもので、ブラッドカインみたいな演出の入るDDがあったがあれはどういうことだ
ノエルにそんなの付けて何をさせるのか!?

あと、テイガーのエンディング見たけど、マジであのココノエロリババァが来るんでしょーか……今からワクワクが止まらないぜ!


しかしアップデートであっても、こうやって新作がリリースされることで格ゲー界隈がより盛り上がっていくといいですね
アップデート商法には「またこれかよ!」といった色々な否定的意見も噴出されてしまうものがあるけれども、別の見方をすればアップデート商法が通じるくらいには作品の人気があるということなのだから、食わず嫌いしてないでやってみればいいと思う
以前に「乱入システムが衰退させた!」なんて意見を目にしたけれども、そこで負けて止めるのではなくて、前作の家庭版買うなり朝の早い時間に来て練習するなりすればいいんじゃないかな
もちろん、一回負けただけで見捨てられてしまうようなゲームであっては面白くないし、ズブの素人であってもそれなりに動かせるようなシステムがあっても悪くないはず
僕の場合は『鉄拳5』のときに周りの友人たちに勝てなかったので、誰もやってない『鉄拳4』や『鉄拳3』で練習したし

感情的意見というのはどうしても、その人独自の感傷が関わってくるので重視されてしまう、同情されてしまう場面も出てくるけれども、そこでグッと堪えて「どうすればよいのか」という理屈・建設的な考え方をできた方が、ゲームだけでなく色んなものが楽しめてくるんじゃないかな。どうだろ

ところで
クロノファンタズマの
360移植の
アナウンスは


 だ
  か
   い
    ?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 メモ帳の範疇を超えた何か all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。