メモ帳の範疇を超えた何か
誤解が不和を呼び不和が戦いを呼び戦いが悲しみを呼ぶ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翼竜と暴竜と角竜
そんなわけで
フィギュアーツの恐竜グリードが届いたのであった

IMGP6830.jpg
去年にアーツのタジャドルを買ったせいか
オーズ本編の最終回がとても印象深かったので、買ってしまった……
中盤まで一緒に行動してた人がラスボス化するという、ちょっと珍しいタイプなのではないでしょうか
放送当時は「どっかでグリードに操られてヤミー出して伊達さんに懲らしめられて退場かなあ」くらいに思ってたのですが、まさかラスボスにまでなるとは思わんかった


IMGP6677.jpg


IMGP6687.jpg


IMGP6690.jpg


IMGP6692.jpg

パッケージの四面図
ブリスターのクリアな部分に映り込むのはいい加減どうにかしたい
ブリスターが二層になっているので、やや大きいです

IMGP6709.jpg

説明書
武器も差し替え表情もないので明快な図になってます


IMGP6697.jpg


IMGP6701.jpg


ブリスター
本体分と羽パーツと台座が梱包された二層です
今回から下敷きとして、ダンボールにアルミテープを貼ったものを使ってみているのですが、どうにも光の反射が半端に起こるので、こういう撮り方をするとき逆効果な気がする


IMGP6719.jpg


IMGP6720.jpg


IMGP6723.jpg


IMGP6731.jpg


マントなしの四面図
エイジが恐竜グリードになったときの着ぐるみと共通化してるらしいですね
頭のすげ替えだけで撮影してたとかなんとか
銀色のパーツが多めなのと動物的モチーフが用いられているので、改めて見てみるとシャドームーンとオルフェノクがソースとして使われているような印象


IMGP6752.jpg


IMGP6760.jpg

付属のスタンド
ベースにちょっと意匠があるくらいであとはふつー


IMGP6762.jpg


IMGP6766.jpg

差し替えの手首
握り手は兎も角、平手の違いである角度が絶妙すぎてどっちがどっちだか分からん
小指の角度が違うのかな

IMGP6740.jpg

IMGP6745.jpg


IMGP6741.jpg


IMGP6747.jpg

マントをつけたところ
メズールのマントめいて見えるけどメズール自体をちゃんと見てないので究極的に印象論

IMGP6768.jpg

まさかのキヨちゃん付属

IMGP6769.jpg

両手がここまで可動します

IMGP6780.jpg


IMGP6787.jpg


IMGP6791.jpg


IMGP6803.jpg

動かしてみたところを何枚か
降臨エフェクトは汎用性が高いですね
ここまで動かしてみて、口元がキンタロスっぽく見えてきた
キンタロっす!
胸元のトリケラはタイラントっぽいしな

IMGP6804.jpg

最終決戦のタジャドルと
ぽっと出だけど強くて制御できないプトティラよりも、リスクが少なくて強いタジャドル安定!これね!


IMGP6814.jpg


IMGP6818.jpg

withキヨちゃん
腕にうまく載せられなかったので、ズルして肩アーマーにもたれかけさせてます


魂web限定品のマキグリードでしたが、いかがだったでしょうか
明確な人間サイズのラスボスは、こうやって楽しめていいですね
フォーゼのラスボス理事長も来年の今頃に届くのでしょうか
あれっ、ユートピアは……
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 メモ帳の範疇を超えた何か all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。