メモ帳の範疇を超えた何か
誤解が不和を呼び不和が戦いを呼び戦いが悲しみを呼ぶ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新高円寺と右肩上がりと執着心
そんなわけで
新高円寺まであゆるのライブを見に行ってきたのであった

NCM_0088 (1)

会場……アキバじゃなかったのか……当日まで、クリスマスイベントやったグッドマンだと思ってたよ

内容としては、今月末に出るアルバムの告知とそれ関係のイベント告知
そんなに意外な出し物もない、クリスマスイベントと殆ど同じようなものですね
ワンマンだしな

なので
当然
あゆるの進行も
おなじような
もの
でして

相変わらずあゆる自身のトークもグッダグダなのは売り物だからいいけど
主催側の入場手際がグッダグダなのはどうなのかな……
僕ァ基本的に、そんなにイベントに行かない系の人間なのですが、スタッフから「番号順に入ってください」 と一言あっただけでの入場はホントどうかと思ったぞ!?

今回は比較的前の方に陣取れたので、あゆるをじっくり眺められてよかった(小学生並みの感想)
ただ、スピーカーの真ん前だったのは我ながらどうなのかとッ!
耳がおかしくなること承知で陣取ったのかッ!それとも単に流れなのかッ!!
でもたまにはこういうのもいいだろう




あと
アルバム関係でまた色々とイベントをやるようなのですが
その辺は行かなくていいかな……と思うんです けど
物事に執着するという意味を知りたい

執着した先の結果を知らなくてはならない頃なのであり、例えば僕がフィギュアーツを買う理由の一つっていうのはきっと、ネット通販瞬殺のレア物をゲットできたという優越感を得たいがためなのだろう

なのでそういう独りでの楽しさよりももう少し公を始点とした方向性の物事に金を使った方がいいんじゃないか……そう思うだろうお前も
毎回これ言ってるような気がする
でも月に二回以上あゆるイベントには行かないという俺ルールは大事だと思う キリないし
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 メモ帳の範疇を超えた何か all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。