メモ帳の範疇を超えた何か
誤解が不和を呼び不和が戦いを呼び戦いが悲しみを呼ぶ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
waiting for the end of the ground
そんなわけで
スクライドの映画を見てきたのであった

以下感想!

いやー、10年ぶりのスクライドでしたが、実にいい
実によかった!
スクライドは10年前の放送当時からずっと好きな作品なので、こうやってまた陽の目を浴びることになってくれてすごくうれしい。

今回の映画はテレビシリーズの前半部分を編集したものに新規カットを追加したものでしたが、それでも一つの作品として見られるよう工夫が凝らされていて面白いです
テレビシリーズ以前の過去を描写することで、編集によって説明不足になってしまった部分を補って強調しようとしてるので、そこからスクライドという作品が打ち出そうとしてるものがより明確になっています。特にクーガーやかなみとの会話シーンで今回の映画タイトルでもある「道」という部分が強調されていますね

再編集されたものなので、既視感はあるものの、やっぱり自分の中でのスクライドへの情熱は保たれ続けていたんだなあ……とつくづく感じました

EDは兎も角本編中にもサントラ未収録曲がいっぱい流れてましたが、あれは何かでまとめられないのでしょうか。以前に出たファンディスクでは未収録曲が入っていたりしたので、改めてのフォローが欲しいなー、と
一部はサンライズのライブラリー曲らしいのだけれども
映画の後編では酒井ミキオさんも新曲歌うのかな
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 メモ帳の範疇を超えた何か all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。