メモ帳の範疇を超えた何か
誤解が不和を呼び不和が戦いを呼び戦いが悲しみを呼ぶ
仕切り直しと誤植と男前
そんなわけで漫画を買ってきたのであった

仕切り直しのスプライトシュピーゲル1巻とオイレンシュピーゲル5巻とウィッチクラフトワークスの1・2巻です
以下感想

ウィッチクラフトワークスは、実に僕の趣味に直撃してくれるのでいい漫画です
僕の文法で語ると「アフタヌーンで掲載する怪物王女」
つまりはそういうことだ
絵柄がA-10先生っぽいのはいいですね

オイレン5巻はアンタレス事件編やってます
がんばれ。超・がんばれ
小説のコミカライズって顔がなかったキャラたちに改めてビジュアルがつくから色々と大変なんでしょうねえ
一行で済ませられるキャラでも30ページ描かないといけないこともあるだろうし
でもオイレン以外にも連載持つって大丈夫なのかな……超・がんばれ

スプライト1巻は仕切り直しって大変ですね。MMSがスーパーウルトラすげえ男前になっちょるばい……
あと すごい 線が太い というのが印象的
犠脳体兵器で本当に頭凹んでるやつ描かれてるの初めて見た。これに限らず、暴力的・破壊的描写に挑戦的なのはいいことなんじゃないでしょうか



ところでオイレン5巻巻末のスプライト予告で 雛と乙の絵が逆なんですが これは誰に突っ込めばよろしいんでしょう
メディアミックス作品でお仕着せの仕事だから編集もライターも出鱈目なやっつけ気分でやってるのかなあ。ましてや仕切り直しだし士気が低いのかな
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 メモ帳の範疇を超えた何か all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.