メモ帳の範疇を超えた何か
誤解が不和を呼び不和が戦いを呼び戦いが悲しみを呼ぶ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐらシャチ読んだ
そんなわけで先日読み終えた本の感想などを貼っておく
ぐらシャチ/中村 恵里加(電撃文庫)
ボーイ・ミーツ・ガールと見せかけて人外との恋愛なんて成立しねえよバカ!的ちゃぶ台をひっくり返すと見せかけて無難なとこに収まったかなーー、という感じ
同じ作者の「ダブルブリッド」は人外娘と男子の話だったけど、今作は人外男子と女子の話でした。なので「逆ダブルブリッド」というのが正直な感想かなあ
「鬱展開やめろよ!絶対にやるなよ!」と警戒しながら読んでると、そうでもなかったりするので安心して読めたりする。そうでもなかったりする
ダブルブリッドの頃からだけど、この作者は食事のシーンとスプラッタシーンを書くのが好きなのかなあ……やたらとその辺の描写が細かいのだ。その辺も好きなんですけど!
続刊は……やらなくていいよ!蛇足だ!
そんな感じ。結構好きな方ではあるかな

さあ次はベビプリの小説読むどー。3冊もありやがる
これ終わったらシュピーゲル読むの復帰だ。そしたら冲方作品読んで……あれ、菊地秀行作品を全然読んでないゾ?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 メモ帳の範疇を超えた何か all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。